残土処理や魚群探知機の利便性~スペシャル機器で効率アップ~

作業員

便利な調査機器

海中

フィッシングをする際に必要となってくるのが魚群探知機です。魚群探知機には超音波が搭載されており、その超音波が魚の群れにぶつかることでどの周辺に魚がいるのか見つけることが出来ます。グラフ化することが可能なため、魚の群れはどこに多いなどの情報をいち早くキャッチすることが可能です。魚群探知機があれば海底底の岩場にいる魚もターゲットにすることが出来るため、漁師には非常に必要でしょう。魚群探知機には様々な種類があるため、機能性を理解して選ぶ必要があります。持ち運びが出来るタイプが最も便利です。船内に置かないことで盗難防止にもなるため、出来るだけ持ち運びタイプにして管理出来るようにしましょう。バッテリーがありしっかりと充電をすると丸一日使用可能です。国内と海外メーカーがあるのでどちらが良いか見てから注文をした方が良いです。

魚群探知機の種類によって超音波の発信レベルが異なります。水深の深さよっては超音波が届かないため、魚群探知機は水深を見てから購入を検討した方が良いです。魚によってどの程度の水深にいるのか異なるので、狙っている獲物の種類でも魚群探知機は選ぶことが出来ます。超音波を出力して魚を探すことが出来ますが、周波数によって超音波が出力される範囲も異なります。周波数が高ければ高いほど広い範囲に超音波を届けることが出来るので魚の群れが比較的円滑に見つかるでしょう。近年はGPS機能が搭載された魚群探知機もあるので、数キロ先の気象情報や潮の流れなども分かります。安全かつ安心な漁を魚群探知機の機能によって行なえます。